よくあるご質問



精神科病院とはどのようなところですか?


精神科と聞くと、最初は怖いという印象を持ち、受診をするのに多少抵抗をお持ちの方は多いです。しかし精神科も一般科と同じように診察をして、その症状にあった治療を行っています。また、患者さんの悩みや相談についてもきちんと受け止めるよう、スタッフ一同心がけています。


どんな症状の人が精神科を受診するのですか?


症状については人により違いがあり、一概には言えませんが、主に下記のような症状の方が対象になります。 眠れない 気分が落ち込んで、何もやる気がしない いつも不安感があったり、イライラしてしまう 極端に感情が不安定になってしまう みんなが自分の悪口を言っている気がする どこからか声が聞こえてくる どうしても同じことにこだわってしまう など


はじめて精神科に行こうと思うのですが、少し不安です・・・


初めて受診をするときは不安になるものです。ひとりでは不安な方はご家族やご友人と一緒に受診してもかまいません。また、言いたいことや聞きたいことをメモにしてお持ちいただくのも有効な方法です。当院では、なるだけ患者さんやご家族が安心できるように工夫をしています。どうぞお気軽にご来院下さい。


今飲んでいる薬は、ずっと飲み続けないといけないのですか?


お薬を継続して飲むことにより症状が改善すると、徐々に薬の量を減らしていくことは可能です。 しかし、ご自分でお薬の量を調節したり、やめてしまうことは、病気の再発のリスクが非常に高くなり危険です。服薬については必ず医師と相談して決めてください。



本人がどうしても受診しようとしないのですが、どうしたらいいでしようか?


患者さんのなかには自分が病気であるという認識がなく「病気ではないから(あるいは治ったから)薬は飲まない、受診もしない」と服薬や通院を拒否する方がいます。このような場合は速やかに当院のスタッフまで、ご相談下さい。


主治医にデイケア通所を勧められましたが、デイケアとはどんなところですか?


デイケアは 生活のリズムを整える、基礎体力をつける 友人、仲間作りや人との付き合い方を学ぶ 病気との付き合い方を学ぶ 自宅以外の生活の場を作る 地域社会や仕事に出るためのステップアップを図る などの目的で利用することが可能です。見学をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。


外来通院中ですが、お薬や食事の管理がうまくできません。


病気を抱えながら地域社会で生活していくことは、本人にとってもご家族にとっても様々な困難や不安があると思います。 そんなときは訪問看護を利用してみてはいかがでしょうか。スタッフがご自宅まで訪問し、様々な問題を一緒に考えて、安定した生活が送れるように援助いたします。


現在入院中ですが、退院後の生活が不安です・..


当院では、入院中から退院後の生活を想定した医療を心がけており、様々な相談援助体制やリハピリテーション機能があります。今後の生活に不安がある方は、まずは主治医と話し合っていただければと思います。



相談室では、どのような相談にのってくれるのですか?


病気の治療においては、一人ひとり様々な困難や悩みを抱えることと思います。まずはお電話やご面談をさせていただければ、ご一緒に問題解決に向けて考えていくことは可能です。


外来通院中ですが、費用負担を軽くする制度はありませんか?


自立支援医療制度があります。この制度を使うことにより基本的には医療費の10%が自己負担となりますが、世帯の所得状況やお住まいの地域によって負担は異なります。申請にあたっては医師の診断書が必要となります。詳しくは相談室、受付までご相談下さい。


入院費がかさみ、支払いが厳しいのですが、どうしたらよいですか?

まずは高額療養費制度の「限度額認定証」の取得をお勧めします。「限度額認定証jを取得することにより各世帯の所得に応じて、お支払い頂く一月あたりの医療費の上限額が決まります。医療費の部分については上限額以上になることはありません。「限度額認定証」を取得されましたら、速やかに受付にお出し下さい。 また、その他の制度も利用できる場合がございますので、お困りの方はご相談下さい。


病気のため働けず、経済的に苦しいのですが、何か使える制度はありませんか?

経済的な問題を解決するためには、様々な制度を組み合わせて利用することが重要です。例として障害年金、精神障害者保健福祉手帳、入院援護金、生活保護などの制度があります。しかしながら、全ての制度が利用できるとは限りませんので、まずは主治医もしくは相談室までご相談下さい。


友人が入院していると聞いたのですが、面会はできますか?

患者さんについてのお問い合わせは個人情報保護法により回答ができません。
電話、窓口でのお問い合わせは、個人情報保護法によりご案内できない旨をお伝えいたします。
なお、患者さんがご友人との面会をご希望される際は、病棟の看護師までお知らせください。